スーファミ
エミュレータ
(PC)




スーパーファミコン(スーファミ)の概要

1990年11月に任天堂から発売された据置型ゲーム機。世界累計販売台数4900万台とファミコンに引き続き大ヒット。

発色数と処理能力はファミコンから格段に向上。当時アーケードで大ヒットしていたストUを高いレベルで移植できたことからも想像できる。ゲームの大容量化や開発費が上がったことで1万円近いソフトがざらに現れるようになり、親泣かせのゲーム機でもあった。

海外では「SNES(Super Nintendo Entertainment System)」という名称で発売。

スーファミエミュの概要

本体の発売から20年以上経ち、ほぼ完璧に動作するようになっています。フィルタをかけると実機よりも奇麗な画面でプレイできます。

ファミコン同様、動作は軽く、非力なPCでも十分動作します。


スーファミ関連リンク
機能比較表 Snes9x SNESGT uosnes ZSNES
どこでもセーブ
ジョイパッド
フィルタ
ゲーム速度調整
ネット対戦 × ×
日本語対応 ×
スクリーンショット ○(PNG) ○(PNG/JPG/BMP等) ○(PNG/GIF/BMP/PCX) ×
録音 ○(SPC) ○(SPC) ○(SPC) ×
録画 ○(AVI) × × ×
動作環境 WindowsLinuxMac Windows Windows WindowsLinuxMac
人気順位 1位 3位 4位 2位
※フィルタ:画像や文字の輪郭を滑らかにして見やすくする処理。SaIやSuperEagle等
※ゲーム速度調整:2倍、3倍というように速度調整できるものは○、フレームレート調整やOFF/ONのみは△、調整不可は×にしています
Snes9xアイコン Snes9x 1位

ZSNESと人気を二分するスーファミエミュです。最低動作環境は133MHzとなっています。

.smc/.sfc/.figの拡張子に対応しています。


Snes9x画面
SNESGTアイコン SNESGT 3位

国産のスーファミエミュ。メニューが分かりやすいのはもちろん、再現性も他のエミュと肩を並べています。

サテラビューで配信されていたソフトをプレイすることもできます。

キーカスタマイズも充実していて、とても扱い易いソフトです。


  • 更新日:2011/01/29
  • バージョン:v0.230 beta 7
  • 対応OS:Windows
  • サイト:公式サイト
  • 本体ダウンロード:サイト1
SNESGT画面
uosnesアイコン uosnes 4位

Snes9xをカスタマイズした、国産のスーファミエミュ。

メニューやヘルプが完全に日本語になっているので、日本人なら本家よりもこちらのほうが扱いやすいと思います。


  • 更新日:2010/06/11
  • バージョン:20100611
  • 対応OS:Windows
  • サイト:公式サイト
  • 本体ダウンロード:サイト1
uosnes画面
ZSNESアイコン ZSNES 2位

国内外で人気の高い、オープンソースのスーファミエミュです。メニューが少し使いづらいのが残念です。Pentium2の500MHz以上が推奨になっています。

”↓→A”のようなキーコンボを設定することができます。

.smc/.sfc/.swc/.fig/.mgd/.mgh/.ufo等多種の拡張子に対応しています。


  • 更新日:2007/01/24
  • バージョン:1.51
  • 対応OS:Windows/Linux/Mac
  • サイト:公式サイト
  • 本体ダウンロード:サイト1
ZSNES画面
その他のスーファミエミュ
SNES9xpp 08/05/16 Snes9xから機能拡張を行ったバージョン。メニューは初めから日本語で表示されます。サテラビューにも対応。HPなし。
Windows
SNEShout 02/04/08 音声認識機能搭載のスーファミエミュ。声で昇竜拳が撃てるとか・・・。HPなし。
Windows
SNEM 2007/10/19 メニューがFileのみのシンプルな画面です。しばらく更新がありませんでしたが、2007年に「NeuSneM」と名前を変えてバージョンアップ。
Windows
bsnes
bsnes+
2017/1/14 再現性を重視のエミュ。最低動作条件がAthron64 2GHzとダントツです。マルチプラットフォームに対応。
WindowsLinuxMac

TOP